喘息と水中ウォーキング!

健康

水中ウォーキングは、、、

水の抵抗によって消費するカロリー大きくなるだけでなく、
浮力がありますので足・腰への負担が小さくなるため、効果的なダイエットができますよ!
ストレス解消にもいいですよ!

水中ウォーキングの良いところは、コーチがいなくても自分で出来るんです。

健康にとっても良いんです!

主人のことです。
先日、咳が出たので病院に行って来ました。

風邪かなと、思ってましたので…..

季節の変わり目に出るアレルギー性鼻炎…..ブタクサ花粉症?
アレルギー性喘息ですね!と、言われました。
発作は、出ていませんが気を付けないといけないなぁ!

先生に、水中ウォーキングをしています。
と、話しましたら、

水中ウォーキングは有酸素運動だけど、
浮力が働くので、関節や筋肉の負担が軽くなりますよ
水圧がかかるから筋肉トレにもいいので、続けられるんだったら続けて!

すごくいいよ!

いつまでも若い気持ちも必要かも知れないけれど?

但し、無理は禁物ですってw

喘息と言われて、色々と調べてみました。

今日は、主人と共にかいてます。

喘息と水中ウォーキングに関してですが、

喘息は、治りにくいといわれますが、
医師の処方を信じて気道の炎症を改善することで、
普通の人と同じように暮らしている患者さんは数多くいることが、がネットを通じてわかりました。

喘息には、運動性発作という、運動をすると発作起こす性質があります。

多くの喘息患者さんにみられるケースなのですが、
何故かプールなど水中で行う運動に関しては、発作を起こす確率がずっと少なくなるのです

喘息で、苦しんでいるのであれば、
体力をつけるためにも水泳、水中エアロビクス、水中ウォーキングをお勧めします。

体調が良い時にプールに通うことは大事なことだと思います。

水中ウォーキングであれば、
運動が苦手の子供でも、大人でも取り組みやすいのではないでしょうか。
「喘息と水中ウォーキング:効果的なダイエット方法より」

これからも、時間の許す限り水中ウォーキングに出かけて
筋力アップ、ダイエット効果、ストレス解消に頑張ります!

自己管理をしっかりと、、、

喘息の発作を予防するのには、医師まかせにするのではなく、日常生活における自己管理がかかせません。

1.気道状態を知っておく

大人の喘息では、症状が自然に改善され、治ったようにみえることがあります。
ところが、実際には気道が狭くなっているといきなり激しい発作に見舞われかねません。
気道の状態を知ることは、こうした発作の予防に役立ちます。
※ 毎日の測定値などを記録し、診断時に医師に見せるようにしましょう。

2.風邪に気を付ける

大人の場合、風邪をきっかけに喘息が発祥することも少なくありません。
風邪を引かないように心がけると同時に、市販の風邪薬や解熱鎮痛剤を安易に使わないようにしましょう。

3.気候の変化に注意する

喘息の発作は、気候が不安定な時期に起こりやすい傾向が見られます。
とくに前線の通過などで気温が急に下がったときは要注意です。

4.激しい運動を控える

運動が、喘息の発作の引き金になることもあります。。
運動を行う時は事前に医師に相談し、どの程度の運動なら良いかを知っておきましょう。

ストレスをためない

大人の喘息では、ストレスが誘因となって発作を起こすこともあります。
積極的に気分転換を図り、睡眠を十分とって、
ストレスをためないように心がけるも大切です。
(油断できない大人のぜんそく(喘息)から、抜粋)

私は、特に4.病院の先生に伝えました。運動に関しては主治医と相談して決めています。

 

今日も、水中ウォーキングに精を出して頑張りましょう。

 

コメント