美容健康情報…血行促進!

美容・健康

血行促進が美容と健康を若返らせるワケ!


血管を若返らせることで、健康的で美しい身体を保つことができるのです。

女性の悩みで多いのは「冷え症」や「むくみ」の予防や

アンチエイジングで「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えることです!

冷え症改善!


辛いですよね。

女性多い冷え性。

冷えは万病のもとと言われ、
特に手や足などの末端の冷えはひどいと痛みを伴うこともあり本当に辛いですよね。

足腰が冷えると,内部性器が充血して
月経異常、子宮内膜症、子宮付属器炎、おりもの、
などの原因となり
卵巣機能不全、子宮発育不全や不妊症にもなります。

そのほか冷え性があると、各種の神経痛、感染リウマチ、腎炎、腎盂炎
ネフローゼ、膀胱炎、腹痛、腰痛などの原因になったりします。

免疫力まで低下させますので、ありとあらゆる病気に関与するのです。

冷え切っている手先や足先などを温めると、
熱を作りやすい体にし、体全体の熱容量を上げることが大切です。

体を温めてくださいね。

お湯につからずシャワーだけですませていませんか。

お湯につかることで全身の血行がよくなり、新陳代謝を促進して体温を上げることにつながります。

血行が悪いと美容と健康に悪いのです。

理由は血液の働きにあります。

・・・血行促進・・・

足裏からひざ下までの通常時における血行促進が示されて。。。

足もとから、血流の働きを……..💛

お風呂で疲れた足元からグングン血流改善!

リラックス効果にて、体がポカポカ、冷え性改善、肩凝り改善が良くなってきてます!

快適「足磨き」血流改善!
⇓ ⇓ ⇓
テレビで話題のフットブラシ!『フットグルーマー・グラン』

お風呂で疲れた足元からグングン血流改善!フットグルーマーグラン

フットグルーマーグランは、足裏のマッサージすることにより、血流をサポートします。
お風呂の中で使用することができるので、リラックスすることもでき、より効果的となります

これからの季節には欠かせない♡!! !

冷えを侮ると大変なことに!

冷えを侮ると…
「冷え性は万病のもと」ということばがあり!?

冷えを放置しているとさまざま合併症を引き起こすこともありますね!
次のような症状があったらその原因を考え、改善するための対策をたてましょう。

・手足の指先が氷のように冷たい
・上半身はほてっているのに下半身がつめたい
・夜、布団に入っても手足が冷えてなかなか眠りにつけない

本当に眠りにつけないって辛いですよね!

女性に多い膀胱炎(ぼうこうえん)

冷え性の人がかかりやすい疾患!

1:膀胱炎
膀胱の中で細菌が繁殖し、膀胱の粘膜に炎症を起こす病気が「膀胱炎」です。
圧倒的に女性に多い病∔気です。
女性の方が尿道が短く、細菌が膀胱まで簡単に到達してしまいます。
多くの場合、おしっことともに細菌は膀胱の外へ洗い出されますが、
おしっこを我慢したり、体調が悪かったりすると膀胱の中で細菌が繁殖して膀胱炎を起こします。

2:急性膀胱炎
原因となる病気が特になく、大腸菌などの細菌が尿道から侵入し感染することでおこります。
膀胱炎の大半で、若い女性がかかる膀胱炎はほとんどがこのタイプです。

3:急性膀胱炎の3大症状
・排尿痛排尿時に差し込むような痛みが生じ、排尿の終わりに特に痛みが強くなります。
・頻尿:排尿回数が増え、30分~1時間ごとにトイレに行きたくなることもあります。
・尿の濁り:細菌と戦うために集まった白血球や炎症部分の分泌液やはがれた膀胱の粘膜が混入するために、尿が濁ります。

そのほか、残尿感、血尿などが現れることもあります。発熱がある場合には、腎盂腎炎の可能性があります。

どうやって冷え性対策を行うの

冷えに対して有効なのは適度な運動です
ウオーキングやストレッチ、エアロビクスなどは、冷え対策だけでなく健康増進に役立ちます。
血流が滞ると冷えにつながりますので、体を締め付ける下着や服は避けましょう。
膝から下全体を締め付けるようなブーツは、足の血流を阻害する場合があります。
昼間ブーツをはいた場合は、血行を促進するなどのケアするといいでしょう。

 

私は、水中ウォーキングで血管の若返りで冷え性改善!

筋力アップのつもりで水中ウォーキングだったのですが(笑)
(重力が少ないからリハビリに適してます。)

水中ウォーキングは浮力で重力が緩和されているので膝にかかる負担が少なくなります。
さらに、水中は水圧がかかりますから足を前にだすのも力が必要になってきます。

 

その後に、恵まれていると言うか!

水中ウォーキングを終えると、楽しみな温泉が待っているのです!
半身浴や全身浴と、私なりに調整しながら20分くらい、血流に効果的な入浴法で入浴してます!

 

コメント